解析事例

創薬研究

創薬研究

薬剤介入臨床研究 事例1

スタチン投与とフィブラート投与による、小型LDL (small, dense LDL)コレステロール改善効果を比較しました。 その結果、スタチン投与の場合は、LDLとそのサブクラス全体のコレステロールを減少させる特徴が確認され、フィブラート投与の場合は、LDLの粒子サイズを大型化させて小型LDLコレステロールを選択的に減少させる特徴が確認されました。

薬剤介入臨床研究 事例2

異なる種類の糖尿病治療薬投与による、LDLとそのサブクラス、リポタンパク質粒子サイズへの影響を調べました。 糖尿病患者62例でSU剤、BG剤、PG剤の3群に分類し薬物治療を実施し、投与開始前、2ヵ月後、4ヵ月後でLDL関連項目の変化を調べました。
その結果、インスリン抵抗性改善剤において顕著に小型LDL (small, dense LDL)を改善する効果が確認されました。

Source: 2007 Japan Diabetes Society Tohoku Branch